肺がん対策

肺がん対策

肺がんは気が付いたときには既に手遅れで、治療のかいがなく亡くなる方も多い病気です。
さらに近年では発症数も増えており、遺伝の問題や環境汚染、食品添加物など、様々な要因が肺がんの原因だとされています。

 

親が肺がんで亡くなっていると、自分も遺伝しているのではないかと心配になる方も多いはずです。
そんな方はラクトフェリンを使った、肺がん対策をしてみるのも良いかもしれません。

 

最近ではコウジカビでつくられた、ラクトフェリンを肺がん治療に使えるのではないかという研究が行われています。
既に欧米では肺がんや腫瘍の治療目的で、臨床試験が行われている段階で、今後はラクトフェリンで治療ができる時代がくるかもしれません。

 

通常のラクトフェリンはウシ由来のため、牛乳にアレルギーがある方は利用できない可能性があります。
しかし、コウジカビからなら日本人にも馴染みが深く、アレルギーを起こさず幅広い方に利用できる可能性もあるでしょう。

 

ラクトフェリンの良いところは、食品由来のため副作用がないことです。
肺がんになると手術や放射線治療、抗がん剤などが使われますが、これらには副作用がつきものです。
ラクトフェリンが肺がん予防に繋がる可能性もあるため、がん家系の方は予防目的でも利用してみましょう。