ラクトフェリシン

ラクトフェリシン

ラクトフェリシンとは、胃でラクトフェリンが溶けると変換される成分のことです。

 

ラクトフェリンは胃酸に弱いため、胃で殆どが消失してしまいます。
そのため胃で溶けると健康効果は得られず、腸で溶ける必要があるとされてきました。
しかし、最近になって胃で溶けるとラクトフェリンはラクトフェリシンに変わり、それにより効果がアップすると主張する研究データも出てきたのです。

 

それは1992年のことで、まだ最近発見されたばかりです。
森永乳業がこの発表を行い、今まで胃で溶けると意味がないとされてきたラクトフェリンの常識を覆しました。
胃のペプシンという酵素でラクトフェリンは分解されるのですが、それによりラクトフェリシンへと変わり、この成分により様々な効果があることがわかってきています。

 

ラクトフェリンよりラクトフェリシンのほうが強力な抗菌作用があるため、胃で溶けても問題は無いとされています。
逆に溶けることにより、健康効果が高まる可能性もあるのです。

 

その効果は細菌、ウイルス、脂質代謝異常、抗酸化、抗がん作用などです。
ラクトフェリンも菌やウイルスを退治する働きがあるのですが、それよりもラクトフェリシンのほうが10倍強い効果があるといわれています。